探偵業、性同一性障害と生命保険

  • 投稿者 : user337
  • 11月 29, 2017 10:34 pm

性同一性障害とは、自分が男であるのに女であるかの様に振舞ったり、女であるのに男の様に振舞う病気である。

その性同一障害を伴っている患者が、生命保険を加入を拒否されているというのだ。
良く分からないが、ホルモン投与などの治療を理由にされる事で断られるケースが多い。
心も身体も健康であるのに、どうして生命保険は性同一性障害の人を拒む所が多いのだろうか?
それは、前条件がクリアされていない為だ。
性同一性障害も他の病気、例えば糖尿病とかと同じ扱いになる。
つまり、心と身体が健康と言ってもやはり性同一性障害と言う病気である事に変わりはない。
また、ホルモン投与を始めた人は、保険金の給付対象となる性別適合手術を受ける可能性が高い。
それが、性同一性障害の人が生命保険加入審査で落とされる一番の理由だろう。
生命保険は、原則として健康である事が前提で加入する事が出来ます。
なので、性同一性障害を伴っている人が生命保険に加入出来ないのも無理はないでしょう。
とは言え、全てが同じと言うわけでなく、理解ある生命保険会社であれば、性別を即変更してくれたり加入をさせて貰える所はありますよ。
要するに、性同一性障害の患者はそう言った理解ある生命保険会社を探し出し、加入出来るかどうか尋ねると良いでしょう。
岩国探偵